下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
よくあります。

一括査定のサイトを利用することにより、

大規模な下取り会社の最大10社が 競売にかけるからです。

あなたの車が欲しい人達が買い取りの価格を

競いあってくれるので自然に買い取り価格の

値段が上がる仕組みになっています。

コレは利用しない手は無いですね。


子供が多い家族や、大家族に人気のある、オデッセイ。

控え目なインテリアやラージミニバンサイズの割には燃費性能が高く、大人数が乗ることができ、長距離運転や旅行などに大変便利な車です。

オデッセイの購入を考える際に一番気になるのが「価格」です。

車の購入価格によっては、どの車を選ぶべきかと悩む人は多いです。

せっかくオデッセイを欲しいと思っていても、価格が高いと諦めてしまう人もいるのではないでしょうか?

そこで、オデッセイを値引きしてもらうのにどのぐらいの値引きができるのか、値引きの限界はいくらぐらいなのかなどについて紹介します。

スポンサードリンク

オデッセイの車両価格の値引き

一番気になるのが、オデッセイの車両本体の価格でしょう。

できるだけ値引きした車両価格で購入したいものですが、車両価格の値引き額はいくらぐらいなのでしょうか?

一般的に車両価格の値引き額の限界額は、約60万円ほどです。

購入した方の中には、値引き額が0円というのも見られますが、大半の方は、車両価格の値引きを購入店と交渉してから決めています。

特に若い世代の車離れが進む中、売る側としては、少しでも車両価格の値引きをして購入希望の方に購入してほしいのです。

なので、売る側としても、車両価格を最大限に値引きしてでも購入してほしいようです。

オデッセイは様々なグレードがありますが、本体価格が安めのグレード(オデッセイ2013年モデル7人乗り 約289万円)や高めのグレード(オデッセイ2013年モデルアブソルート・EXホンダセンシング4WD 約356万円)もあり、自分がどのグレードのものを欲しいのかによっても値引き額が変わってきます。

オデッセイについては、全体としてみると一般的に、車両価格の値引き額として、30万~40万が多いです。

そして値引き額が50万円を超えると、かなり売る側が無理をしていますので、これ以上の値引きは難しいです。

というのも、あまりに値引きを要求してしまうと、そのあとのアウターサービスの質が落ちてしまうからです。

車を購入したあとのフォロー体制も大事なので、購入する店側から、「これ以上の車両価格の値引きは無理です。」と言われたら、きっぱり諦めるようにしましょう。

スポンサードリンク

オデッセイのオプションの値引きの相場や値引き額

先ほど、オデッセイの車両価格の値引きについて紹介しましたが、車両本体の価格のみではなく、オプションの値引き額というのもあります。

当然、オプションをつければつけるほどお金はかかりますが、その分、値引き額も大きくなります。

車両本体価格の値引き額とオプションの値引き額のバランスが考えどころです。

人によっては、車両本体価格を高く値引きしてもらい、オプションの値引き額を0円にするのもあります。

逆に、車両本体価格はあまり値引きしてもらわない代わりに、オプションの値引き額を高くしてもらったりする人もおり、値引きの方法は人それぞれです。

オプションの値引き額については、最大で約15万円ほどですが、一般的に、約5万円ほどの値引き額のようです。

オプションの値引き額が、10万円ぐらいならば、売る側としてはかなり頑張っているといっていいです。

そして、オプションの値引き額よりも、車両本体価格の値引きをしてほしい人が多いようで、オプションの値引き額については少し低めです。

スポンサードリンク

オデッセイの車両価格の値引きとオプションの値引きトータルでの値引き額や相場

おおよその相場ですが、車両価格の値引き額30万円、オプションの値引き額5万円という、トータルで35万円ほどというのがオデッセイの一般的な値引き額の相場のようです。

もちろん、オデッセイのグレードによっても異なってきますし、店によっても異なります。

グレードが高いものほど車両価格が高く、なかなか手がでない人もいますが、グレードが高いからといっても、自分が欲しいグレードなのかどうかは別です。

例えば、オデッセイ2013年モデルアブソルート・Xホンダセンシングアドバンスパッケージ8人乗りは、車両価格が約339万円と高額ですが、普段8人も乗らないならば、違うグレードのオデッセイでも十分ということになります。

また、オデッセイ2013年モデルアブソルート・Xホンダセンシング4WDは降雪地域には4WDは安心ですが、雪が降らない地域ではさほど4WDの必要性があまりありません。

つまり、オデッセイの購入を考えたときに、普段何人乗って、どういった用途に使うのかなど、十分考えた上でオデッセイのグレードを決めることが必要なのです。

どのグレードのものが値引き率が高いのかは一概には言えない部分があるので、あらかじめ購入店に相談しておくのも手です。

人気があるオデッセイのグレードは、値引きをあまりしない場合が多いので、頭に入れておきましょう。

オデッセイの値引きの目標額

購入店と相談する際、最初から60万円で値引きしてくださいとお願いしても、大抵の場合、無理だと言われるケースが大半です。

値引きの限界額を最初に言ったところで、オデッセイの購入を考えているすべての方が、60万円の値引き額になるとはいえないからです。

60万円の値引き額にできるのは、その店の責任者か店長クラスの人に権限がある場合が多く、そういった人と仲良くなれるといいかもしれません。

しかし、大抵の場合、購入店と何度か相談してから値引き額を決定します。

「ただ値引き額が高ければいい」というわけではなく、自分なりに値引き額の目標額を決めておくといいです。

オデッセイの値引き額の相場は、車両価格とオプションの値引き額を含めて約35万円ほどなので、まずはこの額を目標額にしましょう。

店によっては、必ずしも35万円の値引き額になるとは限りませんので、最初の交渉の際は、値引き額を自分から言わないで、購入店の値引き額を聞いてから確認するのも一つの方法です。

この辺については、自分と購入店との駆け引きになるので、あくまでも値引き目標額に近づけることと、最初から60万円という値引き限界額を言わないことがポイントとなります。

そして、40万円ほどの値引き額になったら値引き目標額を達成したということになります。

仮に値引き額が10万円~20万円ほどであれば、もう少し購入店と交渉してみるのもいいです。

オデッセイハイブリッドでは?

オデッセイハイブリッドは、車両本体価格が約400万円前後と高額です。

燃費性能がいいので、是非購入したい車です。

では、このオデッセイハイブリッドの値引き額や相場についてですが、車両値引き額が15万円~20万円ほどが一般的な相場で、オプションの値引き額については、5万円~10万円ほどとなっています。

つまり、値引き額の相場は、車両値引き額とオプション値引き額トータルで、約20万円~30万円ほどになります。

車両値引き額の限度額については約60万円、オプションの値引き限度額は約45万円ですが、こういった額の値引きは滅多にないです。

また、車両値引き額とオプション値引き額のトータル最大値引き額は、約80万円になっています。

オデッセイを値引きしてもらうには自分なりの目標額を決めてから

オデッセイ購入を考えたとき、できるだけ値引きして購入したいもの。

最初から値引き限度額で交渉しても、ほぼ無理といっていいので、一般的な値引き額の相場額に多少プラスした額を目標額として設定しておくといいです。

無理のない値引き目標額を決めて、自分にとって満足できるような価格でオデッセイを購入しましょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「オデッセイ買いたいけど値段が予算よりオーバーだ…」
「値引きの駆け引きしたいけど得意じゃないし….」
「業者何軒も回るのめんどくさいな….」
「新車を底値で入手したい…」
「車種を比較したいけど暇ないし…」
「ディーラーのセールスがしつこくて嫌…」

だったり、新車種の手に入れることを考えているけど心配がたくさん…

と途方に暮れている方はかなり多くいるのです。

家族や知人にアドバイスを求めたところでまともに取り合ってももらえず

また聞いたとしても欲しい車に手が届かない。

そんな悩みをお持ちの方にオススメの裏ワザをご紹介します。