下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
よくあります。

一括査定のサイトを利用することにより、

大規模な下取り会社の最大10社が 競売にかけるからです。

あなたの車が欲しい人達が買い取りの価格を

競いあってくれるので自然に買い取り価格の

値段が上がる仕組みになっています。

コレは利用しない手は無いですね。


自分の気に入った車を購入したいとおもっていても現金一括払いで購入出来るようなかたは多くはないと思います。

家計状況であったり、ライフイベントなどありますので、車だけに集中してお金を使うことが出来ないのも現実です。

今回は「【ホンダ・オデッセイ】ローンで購入、残クレのメリット、デメリット」購入について!」題して車を購入する際のローンや残クレについて紹介します。

スポンサードリンク

【ホンダ・オデッセイ】ローンで購入すると?


通常クレジットと聞いてしまうとなんだか聞き慣れない方もいるかもしれませんが、簡単に説明すると「ローンを組んで購入」することになりますので、従来までの車の購入方法ですと多い購入方法かと思われます。

現在車購入者の50%はローンを組んで車を購入しているのが現状になっています。

もちろん最初に支払う頭金などをいくら支払っておくかによってもその後の支払額も変動してきます。

現金で一度に払ってしまうことが出来る方が、利子もかからず余分にお金を負担する必要もないですし、心理的な安心を得ることができますが、車だけではなく普段の生活であったり、お子さんの教育費用など車だけにお金を集中して使うことが出来ないのが現実だとおもいます。

ローンを組むといった言葉のほうが聞き慣れた方も多いかと思いますが、通常クレジットで分割払いを行う方法ですと分割回数は、2回〜84回の支払い回数で選ぶことができます。

その中でも、多くの方が、車検満了時と支払い終了のタイミングを一緒にしたいために60回84回36回の支払い回数を選ばれる方がおおいのではないでしょうか。

ローンを組んだから安心と思わずにご自身の家計状況であったり、お子さんの入学などのタイミングなどのイベントごとも考えつつ支払いを行わないと家計を圧迫する状況になりますので、分割払いで購入を検討中のかたは一度考えて見たほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

【ホンダ・オデッセイ】残クレでの購入すると?

ホンダ・オデッセイ 残クレのメリット

最近ですと「残クレ」という言葉を耳にしたことがある方も少なくはないかもしれません。

残クレとは「残価設定型クレジット」の略で、車両価格から3〜5年後の車両化価値を(残価)を予め差し引いた金額を分割で支払う車の購入方法ですので、簡単に説明すると「3年後に乗り換えるとするなら、最初に下取り額を差し引いて、残った額を〇年ローンで払ってください」といった仕組みになっていますので、普通に購入するよりも少ない金額で新車に乗ることが出来ます。

残クレのメリットとしては

  • 月々の支払いが安くなる
  • 短期間で新車を乗り換えることが出来る
  • 残価が最初から保証されている

といった点があります。

残価の設定は車種であったり、メーカーや販売店によって変わってきますが、3年で考えますと基本的には約40%〜50%になりますので、半分ほどの金額で買うことができますので結果的には月々の支払額を安く抑えることができます。

これまでの説明で、中には3年経ってしまったら必ず乗り換えないといけないと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、そういったわけではありません。

満期を迎えた時の選択肢としては、

  • 車をディーラーへ返却する
  • 残価分を買取り乗り続ける
  • 新しいクルマにのりかえる

この中から選ぶことが出来ます。

「新しいクルマにのりかえる」といった方法をとると、短期間で月々の負担を抑えながら、新しい車に乗ることができます。

仮に、現在の車に愛着が湧いてずっと使い続けたいのであれば、残価分の金額を支払えば続けて乗ることができます。

最初に差し引かれる残価は支払い期間終了時点の車両価値の金額になりますので、将来の車両価値の金額という事になります。

そのため、中古車相場の変動によって、可能性としては当初設定された残価より車両価値が下がっている事もあるということも頭において置かなければいけません。

しかし、なにも良いことづくめではありません。
仕組みをきちんと理解して置かないともしかすると結果的には損してしまうかもしれません。

ホンダ・オデッセイ 残クレのデメリット

残クレのメリットは月々の支払額を抑えることができすが、利用するのであればきちんと仕組みを理解して起きましょう。

購入者視点で言いますと月々の支払いが安くなることは良いことですが、残クレという仕組みが出来たのは購入者の生活に役立てるためではなく、

  • クレジット会社がより多くの金利を得るため
  • 自動車メーカーが車の買い替えのサイクルを早くして利益を得るため

になります。

その上でデメリットとなる点を上げるとするならば

  • 金利のせいで総支払額が増える可能性がある
  • 走行距離に制限がある
  • 普段使いにも注意が必要
  • カスタムすることができない

といったことが挙げられます。

残クレのデメリット 金利のせいで総支払額が増える可能性がある

月々の支払いは安く済ませることができるかもしれませんが、残クレは残価の金額も含めた元金にも利息の計算が行わています。

車両価格から残価を差し引いた金額を分割払いしていくので、残価が差し引かれた元金に対してだけ利息計算が行われると勘違いしやすいんですね。

月々の支払額が軽減されるというメリットもこの勘違いを助長しているのかもしれません。

また毎月支払う利息は、支払い時点の元金を基に計算が行われますので、元金が多ければ、利息も大きくなります。そのため、元金の減るスピードが通常の自動車ローンよりも遅い、つまり元金の金額が大きい残クレの方が支払う利息が大きくなります。

走行距離に制限がある

自分が使う車ですから自由に使っていいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、残クレには走行距離の条件があります。

自動車メーカーや期間によって走行距離の設定は変化しますが、基本的に目安なる数字は月1,000キロがおおいですので年間ですと12,000キロになります。

走行距離を超えてしまうと、1kmにつき5〜20円の使い料金を支払わないといけません。

残クレのデメリット 普段使いにも注意が必要

最初に設定した、残価の金額もあくまで借りの金額ですので変動してしまう可能性もあります。

車本体の車両価格が、市場全体値下がりするなど買取価格の相場が下がってしまった場合には保証されていますが、期間中に車を傷つけてしまったり、状態が悪いところまで汚してしまっていることは別問題になって来ます。

期間満了時に、事故などで車に傷をつけてしまった、何処かにぶつけて凹ませてしまった、タバコの臭いが室内についてしまったなんて事になってしまうと負担金を支払わないといけません。

損傷の激しい事故などを起こしてしまって、修復が難しい場合などは返却不可になることもあります。

あなた自信が使用しているからと言っても、実際の持ち主は、自動車メーカーになります。

他の人の車のをいわばリースの様な形で使用していますので、きちんとキレイに使うのはもちろんのこと、借りた時の状態に近いまま返却することになります。

残クレのデメリット カスタムすることができない

車好きな方であれば、自分好みに車をドレスアップしたいと思っているかたも多いかもしれません。

基本的に残クレでしようしている車は、元の状態のまま返却しなけばいけませんので、ドレスアップしたとしてお最後には元通りにして返却しないといけません。

また、違法改造車であった場合などは、最悪車を引き取ってもらえない可能性だって発生してきます。

フロアマットなどを純正のものから、社外品のものにちょっと変えるなどであれば純正のフロアマットをきちんと保管しておき、さいごに付け替えて返却すれば問題ないですが、カスタムする際に違法でないにしても穴を開けて取り付けたり原状回復が難しい行為は期間満了時の査定に響きますので辞めて起きましょう。

スポンサードリンク

【ホンダ・オデッセイ】残クレ購入がオススメな人!!まわりの意見だけにながされない!


どんなことにもメリットとデメリットが存在しますので、要は仕組みをきちんと理解して賢く使う必要があります。

どういった人かというと

  • 短期間で新車を乗り換えたい人
  • 3〜5年の間に生活環境が変わる可能性の高い人
  • 好きな車が残クレ金利の販促キャンペーンを行っている時

短期間で新車に乗り換えたいかたであれば、残クレを利用することで月々の支払いを抑えながら乗ることができます。

また、転勤であったり、単身赴任、子供の自立や出産などで家族の人数の変化に対応するためなど短期間を想定した車の使用をしたい方にはおすすめです。

他にも、自動車メーカー側も販促キャンペーンとして一定の車種に金利を安く残クレを設定しているときがありますので、自分の車が対象車になっているんであれば、長く使うことを視野に入れて検討してみてもいいかもしれません。

まとめ

「【ホンダ・オデッセイ】「維持費、ローン、残価設定」購入について!」と題してご紹介しましたがご理解頂けましたでしょうか。

ローンや残クレなどは便利な仕組みかと思いますが、きちんと仕組みを理解しておかないと損をしてしましまうかもしれません。

そうならないためにも、きちんと理解して賢く自分の生活を豊かにしていきましょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「オデッセイ買いたいけど値段が予算よりオーバーだ…」
「値引きの駆け引きしたいけど得意じゃないし….」
「業者何軒も回るのめんどくさいな….」
「新車を底値で入手したい…」
「車種を比較したいけど暇ないし…」
「ディーラーのセールスがしつこくて嫌…」

だったり、新車種の手に入れることを考えているけど心配がたくさん…

と途方に暮れている方はかなり多くいるのです。

家族や知人にアドバイスを求めたところでまともに取り合ってももらえず

また聞いたとしても欲しい車に手が届かない。

そんな悩みをお持ちの方にオススメの裏ワザをご紹介します。